良 く あ る 質 問
Q & A

Q: 開店資金はいくら位かかるの?
A: 機器買取り、自己責任の場合はそうですね平均的15坪の店で洗濯機小型6〜7台、毛布・ふとん洗2〜3台、乾燥機7〜5kg10台、洗剤自販機兼両替機一式で、1200〜
1300万円でしょうね。内訳は下を見てください。
内外装費 100〜150万円(含電動シャッター)
ガス・水道・電気工事費 100〜150万円
水洗機大小10台 400〜450万円
乾燥機10台 350〜400万円
自販・両替機 50〜60万円
その他 100万円
Q: 売上げや利益はどの位?
A: コインランドリー店の売上は、当社平均で1〜2万円/日、年商では365〜730万円です。でも利益率は75〜80%と高いので、出店場所と店の管理(主に清掃、トラブル対応)機器の保守管理(機器の修理、消耗品を在庫し取り換える)がきちんとやれたら、悪くない投資だと思いますよ。目の行き届く所(自宅の改造やガレージスペース)、歩いて数分の、借りてのつき難い空き店舗等からスタートするのがベストです。
Q: 立地条件はどんな所が良いですか?
A: 市街地と郊外タイプに分けて答えます。
市街地では銭湯の近く、スーパーマーケットの近くで、買い物客がその前を日常的に通る所、コンビニ、レンタルビデオ、100円ショップの近くなどですかね・・・また、車が止められる所の方が良いでしょう。
郊外タイプでは駐車場は必須条件です。生活道路に面した場所がベストです。郊外タイプのパチンコ店、本屋、コンビニ、レンタルビデオ店、カラオケ店などの近くは有利です。
市街地、郊外タイプ共、2〜3等地でも投資を少なくすればまだ有望です。
Q: 開店には許可、届け出、検査等が必要ですか?
A: 私の知る限りでは、保険所から「届け出て下さいよ」と云われたことがある程度で、義務はありません。又第一種住専地区でも開店しました。詳しくはメールか電話で質問して下さい。郊外店では水利権その他に関係するノウハウがありますが、ここでは省略します。
Q: 本当に無人で営業できるの?
A: 無人でもできますが、無管理ではできません。規模の大きな店や平均以上の売上げを目指すなら人が居た方が良いでしょう。
Q: 機器はどのくらいもつの?
A: 法定耐用年数は6年です。でも当社では整備と部品の交換で20〜30年前の機械も使っています。コインランドリー店での使用頻度は他の業種、例えばおしぼり屋、ラブホテルの自家用洗濯機、病院内のランドリー等に較べると非常に少ないのでまあ20年は使えるでしょう。
Q: なぜ神戸技研さんは輸入品を主として使っているの?国産はないの?
輸入品は高くて性能が悪いんじゃないの?保守費、修理費も高そう?
A: コインランドリーはアメリカで育ったビジネスで、店舗の規模、業界の巾と奥行き、経営者の考えや質が日本と20年近い差があります。規模は何年経っても到底追いつけないでしょう。機器メーカー間の価格競争、メンテナンス性、部品の共通化、ランニングコスト(消費水量、燃費等)競争が日本の比ではありません。盗難対策、マネーボックスの容量、米国特有の治安の悪さと25¢硬貨使用に対応した大容量金庫は、当社のように24時間営業主体で集金サイクルが長くても盗難やいたずらに悩まされずにすむのは非常に有り難いことです。価格も国産の半値又はそれ以下なので、当分は何の心配もしていません。又、主要パーツはほとんど同じなので、国産の機器のように10年前のパーツが製造中止で修理不能などといった事がまったくありません。複数のランドリー店をお考えなら私は米国製をすすめます。

以下リースレンタルに関するQ&Aです

Q: 神戸技研さんは買取りよりリースレンタルをすすめますが、何故?
毎月の料金はいくらなの?
A: コインランドリーは家庭の主婦、母子家庭の方、退職者、サラリーマン家庭の奥さん、クリーニング取次店経営者さん、自営業社さんに最適な副業なのですが、初期投資が買取りの場合500〜1500万円程の投資となってしまいます。リースレンタル(共同経営システム)ですと初期投資は100万円(15坪程度までの自宅改造型)〜400万円(20〜30坪程度の郊外店の店舗建設費と設備費)程度で済みます。投資回収も1.5〜3年で済みますので、女性や社会的弱者の方でもらくらく開店できます。あ、すみません。システムとしては、例えば売上げ30〜40万円の場合、40%を当社が頂き、残りの60%(18〜24万円)から経費(ガス、水道、電気代6〜10万円)を引いた12から15万円が収入となります。
Q: 売上げが思ったより少なかった時や予想以上にあった時どうするの?
A: はじめに契約書を交わしますので、どんな場合でも40%以上は要求しません。手取りを増やしたければ、店の管理清掃をこまめにしたり、土日は店に出向く等ご自由にどうぞ。当社はアドバイスはしますが、干渉はしません。
Q: 誰がコインの回収をするの?又、売上金ごまかすんじゃないの?
A: 当社社員と貴方と立会いのうえ売上金回収と分配を行います。又、機械にはランニングメーターもついています。当社に回収までまかせてもらっている店もありますし、逆に回収を経営者に依頼している店もあります。貴方が業者を選ぶように、当社も事前調査のうえ、契約します。
Q: 私はもう70才後半、何時病気になったり入院したりするかわからへん。店を止める時に損金や違約金をふっかけるんとちゃうん?
A: 契約は5年契約で、途中で業種変更で契約解除する場合、6ヶ月以前に文書による通知が必要です。不慮の事故(天変地異、火災等)に対する事項も記載されています。
Q: 近頃500ウォン硬貨による事件や自販機荒らしが多くなっている、もし機器が壊されたら修理費をとられるんとちがう?
A: リースレンタルの強みは、機器の修理、損傷の復旧は業者(当社)の責任つまり修理費は発生しないので、一種の永久保証だと思って下さい。但し、貴方に日常的な清掃等の管理義務があることはお忘れなく。

参考迄に契約書を掲載します

 

契約書

神戸花子(以下「甲」という)と(株)神戸技研(以下「乙」という)との間に次の条項によりコインランドリーの設置に関する契約を締結する。

第1条 甲は乙に対し、神戸花子宅ガレージ内に次のとおりコインランドリーを設置することを承認する。
(1)設置場所:OO市XX区△△町1−2−3
(2)機種及台数:毛布洗い25kg洗濯機2台、16kg4台、ワールプール5台、25kg乾燥機2台、13kg乾燥機8台
第2条 設置するコインランドリーの所有権は乙に属し、甲はこれを善良な管理者の注意をもって保管しなければなららい。
第3条 甲又は乙が、第1条に定める設置場所若しくは機種を変更し又は台数を増減しようとするときは事前に相手方の承認を得るものとする。
第4条 本契約に必要なコインランドリーの搬入据え付けに要する費用は乙の負担とする。
第5条 洗濯機及び乾燥機の使用科は両者協議の上決定する。
第6条 本契約による管理運営にかかる費用及び電灯電力料金並びに水道料金は甲の負担とする。
第7条 コインランドリーの修理費用は乙の負担とする。但し、甲の重大な過失によりコインランドリーを損傷したときは、その修理費用は甲の負担とする。
第8条 本契約による売上金の分配は、甲60%、乙40%とする。
第9条 前条の売上金は、集金の都度、甲の取得分を支払うものとする。
第10条 契約期間は、OO年OO月OO日からOO年OO月OO日まで5年間とする。但し期間満了の際、甲又は乙より何等異議の申し出がない場合はこれを更新するものとする。
第11条 甲又は乙の都合によりコインランドリーを撤去する場合は、6ヶ月以前に文書により予告するものとする。
第12条 甲又は乙がこの契約の条項に違反したときは、この契約を解除できるものとする。
第13条 本契約に定めない事項又はいちじるしい状況の変化のため、本契約に依り難い事項が生じた時は、その都度甲乙協議のうえ決定するものとする。
第14条 日常の管理は甲が行い、機器の異常が発生したときは速やかに乙に連絡し、乙は甲より修理などの要請があった時は、速やかにこれを行うこと。
本契約を証するため本書2通を作成し、甲乙それぞれ記名捺印のうえ各々1通を保有する。
特約事項 (コインランドリー店舗、共同経営システム特約)

1)

コインランドリースペースは必ず甲の所有、又は甲の直接の賃貸物件である事。

2)

店舗設営に要する費用、大工工事、内装工事、テント、カンバンは、甲が支払う事。
設備工事、ガス工事、上下水道工事、給排気ダクト工事、店舗自動開店装置、電気工事は必ず乙指定工事業者又はその技術力を乙が認める業者が施工し、その費用は甲が支払う事。

3)

給湯用湯沸し機、水道加圧装置、ホームポンプ等は甲の費用で購入する事。

4)

洗剤自動販売機をのぞくコインランドリー機器は乙が提供する。又搬入据え付けにかかる費用も乙が負担する。

5)

第11条による解約の場合機器の撤去費用(重量物運搬費、レッカー代等)は文書提出者が支払う事。

6)

契約解除時の機器撤去時及び店舗返還時にお互いに現状復帰をもとめない事。

7)

万が一のとき、(機器異常による出火、店舗設備等よりの出火)隣家よりの失火による店舗、機器の焼失の時はお互いの保険などによるお互いの損失保証のみとし契約者に対し損害賠償等一切行わないこと。

8)

契約期間中の機器変更及び売買は行わない。

OO年O月O日


住所:OO市xx区OO町1−2−3
氏名:神戸花子 印


住所:神戸市東灘区御影塚町4−14−20
氏名:(株)神戸技研代表取締役社長 松本喜信 印

 

お問い合わせ